タイプComponentModulePluginModule
有料/無料無料
ライセンスGPLv2以降
執筆時のバージョン5.1
ユーザ登録の要否不要

JEDダウンロードホームページ言語ファイル

  • ここに掲載している記事は執筆時点のものです。内容が古くなっている事もありますのでご注意下さい。
  • ここで紹介しているエクステンションの利用を推奨するものではありません。ご利用は自己責任でお願いします。
  • ご自分が利用しているエクステンションの最新情報は常に確認しましょう。様々なエクステンションで日々脆弱性が見つかっており、あなたのサイトがクラックの被害に遭わないとも限りません。脆弱性情報はこちら

サイトをPRするため、記事を作成する度にTwiiterやFacebookなどへ投稿するのは面倒じゃありませんか?そこでAutoTweet NG。記事公開時に自動でTwitterやFacebookなどに投稿するエクステンションです。

ダウンロードとインストール

こちらのページから、お使いのJoomla!のバージョンにあったAutoTweet NGをダウンロードします。ダウンロードしたら、Joomla!のバックエンドからインストールします。コンポーネント、モジュール、プラグインがまとめてインストールされます。

日本語化

日本語化したい方は、当サイトのダウンロードページから日本語言語パッケージをダウンロードし、エクステンションと同じ方法でインストールしてください。なお以下は、日本語化した状態で説明しています。

Twitterへの自動投稿

今回利用するのはAutoTweet NGの無料版です。無料版の場合、TwitterとFacebookに投稿することができます。有料版の場合、LinkedInやその他にも投稿できるらしいです。

今回はTwitterへ自動投稿する方法を例として説明します。

AutoTweet NGでは、ソーシャルのアカウント毎に「チャンネル」を作成します。例えばTwitterのアカウントを2つ持っており、投稿する内容をアカウント毎に分けるのであれば、チャンネルを2つ作る必要があります。なお無料版のAutoTweet NGで作れるチャンネルは2つまで。それ以上のチャンネルが必要なら有料版のAutoTweet NG Proを購入する必要があります。

「コンポーネント」→「AutoTweet NG Pro」→「チャンネル」を選択したら、画面右上の「新規」アイコンをクリックします。

「タイプ」からTwitterを選択し、「名前」に適当な名前を入力します。その他はデフォルトのままで大丈夫です。
autotweetngpro01

画面右側の「アプリケーションを許可し権限を与える」ボタンをクリックします。
autotweetngpro02

アプリケーションに関する説明が表示されますので、一番下にある「Authorize~」のリンクをクリックします。
autotweetngpro03

Twitterのユーザ名とパスワードを入力し「連携アプリを認証」をクリックします。
autotweetngpro04

次の画面になったら「access token」と「access token secret」をコピーします。
autotweetngpro05

Joomla!の管理画面へ戻り、コピーした「access token」を「Twitterトークン」へ、「access token secret」を「トークンシークレット」に貼り付けて保存します。
autotweetngpro06

ここでテストします。何でも構いませんのでJoomla!で記事を作成して保存します。「AutoTweet NG Pro」→「ジョブキュー」を開くと、キューに1件投稿が予約されています。
autotweetngpro07

しばらくすると(デフォルトでは最長でも2分)、Twitterに投稿されているはずです。
autotweetngpro08

「AutoTweet NG Pro」→「メッセージログ」を見ると、ログが記録されているのが確認できます。
autotweetngpro09

なお記事を作成しても公開していなければTwitterに投稿されることはありません。公開した時点でAutoTweet NGのジョブキューに投稿が予約され、実際に投稿されるようです。

「AutoTweet NG Pro」→「公開ルール」では、条件に一致した記事だけをTwitterなどに投稿するルールを作成できます。特定のカテゴリの記事のみ投稿したり、特定の言葉を含んだ記事だけを投稿することなどが可能です。その他「静的テキスト」を使えば、投稿するメッセージに一言付け加えることも可能。
autotweetngpro10

「エクステンション」→「プラグイン管理」→「システム - AutotweetContent」では、特定のカテゴリに作成した記事のみソーシャルへ投稿したり、記事を修正した場合もソーシャルへ投稿するか設定できます。
autotweetngpro11

有料版のAutoTweet NG Proについて

前述したように、無料版のAutoTweet NGでは、最大2チャンネルしか作成できません。もしそれ以上のチャンネルが必要ならば有料版のAutoTweet NG Proを購入する必要があります。

またAutoTweet NG Proでは、Joomla!の記事作成だけではなく、様々なサードパーティエクステンションへの投稿も、ソーシャルへ自動投稿できるらしいです。以下がそのエクステンションです。

  • ZOO
  • EasyBlog
  • Kunena
  • K2
  • Phoca Download
  • Remository
  • Community Builder
  • DOCman
  • Eventlist
  • VirtueMart
  • Joomla!へのユーザ登録

以下の3つは、さらに追加のオプションが必要っぽい。

  • JomSocial
  • SobPro
  • JEvents
【Joomla!が使えるレンタルサーバー】

自分用のリンク

ちょくちょくアクセスするページ。自分用です。

お仕事募集

Joomla!に関するお仕事の依頼、エクステンションの翻訳、トラブルシューティングなどございましたら、こちらからお問い合わせください。