Joomla!インストールガイド

シックスコア(sixcore)

  • 業者名:シックスコア
  • インストールを試したプラン:S1
  • 月額費用:1890円(年間契約の場合)
  • 初期費用:6300円
  • ディスク容量:50GB
  • おすすめ度:

おもな特徴

  • エックスサーバーの上位版となるレンタルサーバ。
  • SECOMのセキュリティ診断サービスを全プランで装備。
  • PHP高速化システム(eAccelerator)によりPHPの実行速度を高速化できる。
  • Xキャッシュ機能搭載。PHPのプログラムをキャッシュし、サーバの負荷軽減、パフォーマンス向上が期待できる。

【お申し込みはこちらから】

このページに記載されている情報は、インストールを試した時点の情報です。情報が古くなっている事もありますので、最新情報を必ずシックスコアのホームページで確認して下さい。

スペック詳細(S1)

対象法人向け
タイプ共用
転送量100GB/月
OSUNIX系
PHPのバージョン5.x
PHPの動作モードCGIモード
PHPの設定ファイルphp.ini
MySQLのバージョン5.x
利用できるデータベース数5
セーフモードOFF
SSL共用SSL/専用SSL
SSH×
CRON
独自ドメイン
マルチドメイン
サブドメイン
お試し期間
商用利用
電話サポート
メールアカウント数無制限
アンチウイルス

【お申し込みはこちらから】

シックスコアへのJoomla!インストール方法

データベースの作成

サーバ管理ツールにログインします。
sixcore01

左側メニュー内の「MySQL設定」をクリックします。
sixcore02

「MySQL追加」をクリックし、任意のデータベース名を入力、文字コードは「UTF-8」を選択し「確認画面」ボタンをクリックします。
sixcore03

確認画面が表示されますので、「確定する」をクリックします。
sixcore04

「MySQLユーザ設定」をクリックし、任意のデータベースユーザ名、データベースパスワードを入力し、「確認画面」をクリックします。
sixcore05

確認画面が表示されますので、「確定する」をクリックします。
sixcore06

作成したデータベースにユーザを割り当てます。MySQL一覧画面で「追加可能ユーザ」にある「追加」をクリックします。
sixcore07

追加したユーザが「権限設定ユーザ」に入ればOKです。
sixcore08

「MySQL情報」をクリックし、「MySQLホスト名(mysqlX.sixcore.jp)」をメモしておきます。これがJoomla!をインストールする際のMySQLホスト名になります(svX.sixcore.ne.jpではないので注意!)
sixcore09

PHPのバージョン切替と設定

左側のメニューから「PHPバージョン切替」をクリックします。
sixocore10

PHPのバージョンを切り替えるドメインを選択します。
sixocore11

「設定」から「PHP5.2.14」もしくは「PHP5.3.3」を選択し、「PHPバージョン切替(確認)」→「PHPバージョン切替(確定)」をクリックします。どちらを選んで良いか分からない方は「PHP5.2.14」を選択して下さい。
sixocore12

左側メニューの「php.ini設定」をクリックします。
sixocore13

設定を行うドメインを選択します。
sixocore11

「php.ini直接編集」をクリックします。
sixocore14

以下の各行を次のように設定し、「設定する(確認)」→「設定する(確定)」をクリックして下さい。

mbstring.language = neutral
display_errors = Off
memory_limit = 64M
output_buffering = Off

ファイルのアップロード

FTPで接続し、公開ディレクトリ(public_html)にある「index.html」と「default_page.png」を削除して下さい。その後、Joomla!のファイルを全てアップロードして下さい。 

ブラウザからのインストール

ここから先は、お使いのバージョンに合わせて以下をご覧下さい。

【Joomla!が使えるレンタルサーバー】
 

自分用のリンク

ちょくちょくアクセスするページ。自分用です。

お仕事募集

Joomla!に関するお仕事の依頼、エクステンションの翻訳、トラブルシューティングなどございましたら、こちらからお問い合わせください。