Akeeba Backup - バックアップをよりスマートに

タイプComponentModuleModule
有料/無料無料
ライセンスGPL
執筆時のバージョン3.0 Stable
ユーザ登録の要否不要

JEDダウンロードホームページ言語ファイル

  • ここに掲載している記事は執筆時点のものです。内容が古くなっている事もありますのでご注意下さい。
  • ここで紹介しているエクステンションの利用を推奨するものではありません。ご利用は自己責任でお願いします。
  • ご自分が利用しているエクステンションの最新情報は常に確認しましょう。様々なエクステンションで日々脆弱性が見つかっており、あなたのサイトがクラックの被害に遭わないとも限りません。脆弱性情報はこちら
  • 以前はJoomlaPackと呼ばれていたエクステンションの後継版。JoomlaPackより高速・安定しているらしい。
  • サイト全体(ファイル+データベース)を簡単操作でバックアップできる。
  • バックアップしたファイルは簡単にリストアが可能。またサーバの移転やドメインの変更などにも対応できる。
  • サイトにアクセスすることなく自分のPCからバックアップできる(専用アプリケーションが必要)
  • ここで紹介するのはフリー版だがさらに機能を追加した有料のプロ版がある。

インストールと日本語化

上記リンクからAkeeba Backupのコアファイル(com_akeeba-X.X-core.zip)をダウンロードし、エクステンション→インストール/アンインストールからインストールして下さい。日本語化する場合は言語ファイルをダウンロードし(Joomla!じゃぱん版を使っている方はja_JP locale、J!User版を使っている方はja-JU locale)、Akeeba Backupコアと同じ方法でインストールして下さい。 なおこの言語ファイルは、当サイトで作成したJoomlapackの言語ファイルをベースに、Joomla!メモのKanonさんがAkeeba Backup用に再構成したものです。Kanonさんに感謝!

バックアップ先の変更

まず始めにバックアップしたファイルを保存するディレクトリを変更します。前バージョンのJoomlapackではデフォルトの保存場所を変更しないと警告が表示されていたのですが、Akeeba Backupでは特に表示されないようです。ですが、バックアップをより安全にするため保存先の変更をしておくことをお勧めします。

まずFTPクライアントなどを使用し、公開ディレクトリと同階層または上位階層へディレクトリを作成して下さい。例えばさくらインターネットの場合、/home/ユーザ名/wwwが公開ディレクトリですが、バックアップディレクトリは/home/ユーザ名/backupのように作成します。ディレクトリの名前は自由に決めて構いません。

インストール後「コンポーネント」→「Akeeba Backup」へアクセスすると次のようなコントロールパネルが開きますので「設定」をクリックします。
akeeba06

「出力ディレクトリ」欄の「参照」ボタンをクリックすると次のようなディレクトリ選択画面が表示されます。緑色で表示された部分をクリックすると階層を移動できますので、先ほど作成したバックアップディレクトリを指定後「使用」をクリックして保存して下さい。
akeeba08

バックアップする

もしサーバの移動を行うためにAkeeba Backupでバックアップする場合、バックアップ前にJoomla!標準のSEF機能をOFFにして、.htaccessファイルを無効化(htaccess.txtなどにリネーム)しておくことをおすすめします。サーバの環境によりSEFや.htaccessの設定方法が異なるため、万が一リストア後正常にアクセスできない場合、問題の切り分けがしやすくなります。

では早速バックアップしてみましょう。

コントロールパネルの「今すぐバックアップ」をクリックします。
akeeba01

次のような画面が表示されるので、必要であれば適当なコメントを入力し「バックアップ開始」をクリックします。
akeeba02

バックアップが開始されます。この画面が表示されている間、他のページに移動してはいけません。完了するまでしばらく待ちます。
akeeba03

完了すると次の画面が表示されるので「バックアップ管理」をクリックします。
akeeba04

「アーカイブ」のリンクをクリックするとバックアップしたファイルをダウンロードできます。ただしブラウザでダウンロードすると正常にダウンロードできない場合がありますので(特にファイルのサイズが大きい場合)、FTPクライアントを使用してダウンロードする事をおすすめします。
akeeba05

また標準の設定では、バックアップファイルが「JPA」と呼ばれるAkeeba Backup専用のファイル形式となっています。リストア作業を行う場合はこのファイルを自動的に解凍してくれますが、例えばファイルの中身をPCで確認したい場合など、「Akeeba eXtract Wizard」というソフトウェアが必要になります(詳しくは後述)。

リストアする(異なるサーバにリストアする)

AkeebaのサイトからAkeeba Kickstartをダウンロードしデスクトップ等に解凍します。

Akeeba Kickstart

最初に試したのはKickstart 3.0 Stableですが、リストア実行時にエラーとなり進むことができませんでした。そこでDeveloper's ReleasesのSVN174を使用したところうまくいきました。始めに3.0 Stableを試してみて、ダメだったらDeveloper's Releasesを試してみると良いかもしれません。

「kickstart.php」というファイルがありますので、FTP等を使用しこ、のファイルとJPA形式のファイルをJoomla!のルートディレクトリにアップロードします。

kickstart.phpの日本語言語ファイルはJoomla!メモさんからダウンロードできますので、必要な方はダウンロード後、kickstart.phpと同じ場所へアップロードして下さい。

次にブラウザから次のURLへアクセスします。

http://あなたのURL/kickstart.php

次の画面が表示されるので内容を確認し「Click here or ~」のリンクをクリックします。
akeeba09

「1.Select a backup archive」にアップロードしたファイルが表示されているのを確認し「Start」をクリックします。
akeeba10

進行状況を示すプログレスバーが進み・・・
akeeba11

次の画面が表示されたら「Run the Installer」をクリックします。
akeeba12

インストーラが起動します。「必要な設定」「オプション設定」「ディレクトリ」が全てグリーンになっている事を確認し「次へ」をクリックします。もし「No」という赤い表示になっていたら、php.iniや.htaccessを使用して設定を調整して下さい。
akeeba13

この画面で「セッションが書き込めない~」旨のメッセージが表示される事があるようです。再読込すればおそらく直ります。

データベースの設定を行います。既存のサーバにリストアするなら変更する必要はありません。異なるサーバにリストアする場合は、データベースのホスト名やユーザ名、パスワード、データベース名などを改めて入力して下さい。「次へ」をクリックします。
akeeba13_1

リストアの進行状況が表示され、完了したら「OK」をクリックします。
akeeba14

必要に応じてサイトの設定を変更します。「次へ」をクリックします。
akeeba15

「あなたのサイトの設定を~」が表示されたら「installationディレクトリを削除」のリンクをクリックします。
akeeba16

次の画面で「OK」をクリックします。
akeeba17

正常にリストアできていればフロントエンドが表示されるはずです。最後にリストアで使用したkickstart.phpとJPAファイルを削除して下さい。また.htaccessやSEF設定を無効にした場合、改めて設定して下さい。

バックアップの設定

必要に応じてバックアップの設定を変更できます。設定項目が多数あるtので主要な設定だけを紹介します。

まずはAkeeba Backupのコントロールパネルからアクセスできる「パラメータ」から。
akeeba18

パラメータの画面はこんな感じです。「バックアップ完了後にメール」を「はい」に設定すれば、バックアップ完了時点でメールが届くようになります。
akeeba19

その他、コントロールパネルからアクセスできる「設定」には多くの設定が存在します。その中でもクォータ機能は便利な機能の1つです。バックアップで使用するディスク領域またはバックアップ数を事前に設定しておき、それを超えたバックアップは古い順から自動的に削除されるので、「いつのまにかバックアップだけで容量オーバー」なんて事を防ぐ事ができます。
akeeba20

Akeeba eXtract Wizardを使用してファイルを解凍する

Akeeba Backupの標準バックアップ形式であるJPAは、一般的な解凍ソフトを使用しても中身を見る事はできません。解凍するにはeXtract Wizardというデスクトップアプリケーションが必要になります。

Akeeba eXtract Wizard

OS毎にアプリケーションが用意されているので、適切なファイルをダウンロードしインストールして下さい。使い方は難しくないので割愛します。

私が試したのはバージョン3.0.2ですが、このバージョンの場合、解凍元や解凍先のファイルのパスに日本語などのマルチバイト文字が含まれていると正しく動作しませんでした。またDeveloper's Releaseにある古いバージョンのeXtract Wizardであれば、日本語を含んでいても解凍できるようです。

Akeeba Remote Controlを使用して自分のPCからバックアップする

Joomla!のバックエンドにログインすることなく自分のPCのデスクトップからバックアップできるのが「Akeeba Remote Control」というアプリケーションです(Windowsのみ)。

設定方法を紹介しようと思ったのですが、Joomla!メモさんの記事が非常に良くまとまっていたのでそちらをご紹介します。ただ一点だけ補足すると、以下の作業を行う前にJoomla!のバックエンドから「サイト」→「基本設定」→「システム」→「Webサービス有効」を「はい」に設定しておく必要があります。

Akeeba SiteDiffを使用してバックアップ間の差分を確認する

ある時点のバックアップ以降、どのファイルが追加/変更/削除されたのか確認するアプリケーションが「Akeeba SiteDif」です(Windowsのみ)。例えばサイトがハックされた場合などにどのファイルが変更されたのかを確認するために有効です。ダウンロード後、通常通りインストールして下さい。

Akeeba SiteDiff

Akeeba SiteDiffを起動すると次のような画面が表示されます。「Reference」の欄には比較元のJPAファイルを、「Current」には比較先のJPAファイルをそれぞれ指定し、「Start」をクリックすると結果が表示されます。変更なし(Unmodified)、追加(Added)、削除(Deleted)、変更(Changed)などが色分けしてファイルが表示され、「Filiter Results」を使うと結果を絞り込めます。
akeeba21

フリー版とプロ版の違い

上記で紹介してきた内容は無料で利用できるフリー版に関するものです。Akeeba Backupにはさらに機能を追加した有料のプロ版が存在します(30€/年)。プロ版で可能になることを少し紹介しておきます。なお実際に試したわけではないので間違っている箇所もあるかもしれません。

CRONを使用したバックアップのスケジューリング

ある特定の日時に自動でバックアップを起動することができます。標準で搭載されているクォータ機能と併用すれば、バックアップを完全自動化できます。

バックエンドからのリストア

バックアップファイル管理画面から簡単にリストアできるようになります(kickstart.phpファイルとJPAファイルのアップロードが不要)

クラウドサービスにバックアップできる

Amazon S3やDropboxなどのサービスにバックアップを保存できるようです。

その他詳しい内容は以下で紹介されています。

http://www.akeebabackup.com/akeeba-backup-for-joomla/core-vs-professional.html

Joomla!でお困りですか?Joomla!の道しるべでは、Joomla!のサポートサイトも運営しています。今なら無料でサポートします!詳しくはこちら
【Joomla!が使えるレンタルサーバー】
 

Joomla!の道しるべについて

オープンソースCMS『Joomla!(ジュームラ)』の使い方やニュース、エクステンション情報を公開しています。(有)ぱそぷらが運営しています。